スーパーPフォースはEDと早漏を同時に改善できる薬剤となっています。この薬剤をまだ知らない男性のために、どのような作用があるかなどご紹介していきます。早漏・EDの方はぜひ参考になさってください。

白いカプセルと悩む男性
  • ホーム
  • 気をつけるべきスーパーPフォースの副作用

気をつけるべきスーパーPフォースの副作用

多くの薬

スーパーPフォースにはシルデナフィルとダポキセチンの2つの異なる成分が配合され、勃起不全と早漏の両方に対して改善することのできる飲み薬です。
シルデナフィルは血管を拡張することで血液の流れを良くし、勃起力を高めると共に途中で萎えないように維持することができます。
しかし、その作用によって頭痛やめまい、顔のほてりなどの副作用を起こします。
他にも目の充血、鼻づまり、動悸といったものもありますが、これらは血管が広がることによるものなので、効果が薄まれば自然と消失するようになっています。
基本的に軽度な副作用ばかりですが、ごく稀に効果が切れても萎えることがない持続勃起症を引き起こすことが知られています。
こうなると男性器が壊死してしまうなど非常に危険なので、勃起が静まらないなと思ったらすぐに診断を受けるようにしましょう。
また、いつもと違った色彩に見える、光が眩しいといった視覚異常も報告されているので注意しましょう。
早漏に作用するダポキセチンは中枢神経に作用して、性交時の興奮や緊張といった精神を静めることで射精までの時間を延ばします。
脳内伝達物質のセロトニンの量を増やす働きがあるので、極端に増えることで消化器官のぜん動運動を促進させるため、下痢や腹痛などの消化器系症状が起こりやすくなります。
また、頭痛やめまいも起こるので、どちらの成分が原因か分からなくなることもあります。
頭痛が酷すぎて性交に集中できないといった場合は、市販されている頭痛薬を併用して静めると良いでしょう。
ただし、スーパーPフォースと鎮痛剤の併用は血中濃度を上昇させてしまうこともあるので、頭痛薬以外の使用は注意しましょう。
大抵は薬の効果が切れたら自然と消失しますが、いつまでも残り続ける場合はかかりつけの医師に相談しましょう。

関連記事